秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 歯科治療費


2010/10/28 更新

 歯科治療費について多くの人が高いと感じている事と思います。私も今の自分の立場でなく何も知識を持っていなければ単純に高いなぁと感じるでしょう。

 今回はこの治療費について少しお話します。まず健康保険制度内の治療において以前に述べたように患者さんの支払うお金は一部負担金といって現在ではほとんどの人が3割負担額を支払います。これは全国どこでも治療技術等全く関係なく同一料金なので治療内容によって決まった額を支払います。ただこの一部負担金は昔は0割で、それから昭和59年に1割負担になり、次に平成9年に2割平成14年に3割負担にまで政治の力で上がってきたのです。昔はタダで1割負担の時代からみても窓口で同じ治療内容で3倍ものお金を支払っているわけですから、当然高いなぁーと感じるでしょう。ただ負担金ではなくそもそもの国で決めている治療費自体は歯科に限れば何10年も前からほとんど変わっていない事を見ると治療費自体昔が高すぎたのか?今が安すぎるのか?考えると一部負担金が0割であれば治療費をいくらに設定しようが患者さんには関係なくわかりません。その時代と今現在がそんなにかわらないという事はあり得ないように思いますが、医療費自体も先進国の中でかなり低いという事実を見ても国の考えはあまりにも納得がいきません。現在経済状態の悪化から国の税収が減少し国のお金がない中で大事なのはどういう風に少ないお金を分配するかという事でただでさえ少ない医療費をさらに低くする、おさえるという方法は誤りであると思います。もしこの考えが私が医療にたずさわっているからだとするならば、国民全体に聞いてみればどうでしょうか?結局政治の力を借りなければならないわけですが、様々な選挙における投票率の低さをみるとなげくばかりです。あれではどんなに国がメチャクチャな事をしても文句言えませんよね。

 話がそれてしまいましたが次は自費診療の治療費について考えます。こちらも治療内容によりだいたいの相場がありますが、歯1本作るのにどのくらいのコストがかかるかをみると、作成時間、人件費、材料代、技術料、全てのコストプラス利益で値段が決まりますが、いわゆるの値段との決定的な差があります。それは大量生産出来ないという事。車、パソコン、多機能な家電製品、衣類、多くの物が大量生産で作られるのです。対して歯は絶対に大量生産できない。加えて同じ物は2つとない、どんな歯でも。それゆえコストを考えると決して高い価格とは思えないのです。さらにその歯が何年くらい使えるのか、長持ちすればするほど費用対効果は上がるでしょう。

 歯科治療費としてのまとめは、絶対に大量生産出来ない事コストがものすごくかかる事をご理解いただければ、それほど高い金額ではないだろうと思います。

 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved