秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 歯科の診断?


2013/2/6 更新
 本来 医療とは 医療機関の別を問わず、どこの病院に行っても どの先生に診てもらっても 同じ診断のもと 同様の処置 治療がなされ、同じ治癒という結果になるのが望ましいと思います。それはある意味理想であって、なかなか現実にはそうはいかないものです。

 今回は歯科における診断の差 治療の考え方の差などについて述べようと思います。上記のように どこの歯科医院に行っても どの先生に診てもらっても同じ診断で、その診断に基づいて大体同じような治療方法が決まり、結果痛みなく何でも食べられて、話すことも不自由なく、見た目も満足というのが理想でしょう。しかし実際にはそうはいかない、何故か?まずだいぶ以前の歯科治療は一言でいって〔穴埋め〕虫歯で歯に穴が開けば削って詰める、歯が抜ければ入れ歯をつくる、ほとんど対症療法で、かつ診断もないのです。どのように詰めるかとか 何を詰めるかとかの方法論はありますが、なんでその歯に穴が開いてしまったのか?何でその歯がグラついて抜けてしまったにか?の診断がないのです。その原因について一般的には、虫歯も歯周病も細菌による感染症なので、細菌を減らしましょう、すなわちひたすら歯を磨きましょう ということになっていますが・・・・・・・確かに最終ステージにおいて細菌感染という事実はありますが、その前に、もし細菌因子のみで虫歯も歯周病も発症するのであれば、 口の中でもっとも汚れている歯から 虫歯にも歯周病にもなると思いますが、前にも述べたようにまったくその比例関係はありません、もちろんは歯磨きをして口の中を清潔に保つことは大事ですが、それだけでは虫歯も歯周病も防げないと考えます。どんなに歯磨きをしても細菌をゼロにすることは出来ないですし、またしてはいけないでしょう。

 話をもどしますが 歯科の場合、この一本の歯が虫歯になってしまった理由、この一本の歯が歯周病になってしまった理由が診断されないため(歯磨き不足では説明できないので)原因除去が出来なくて 再発が多いのでしょう、残念ながら 従来の歯科治療のみではなかなか一生ものとはいかないでしょう。

 また治療においても どのような歯列をつくり、どのような かみ合わせ(歯の接触の仕方)をつくり どのような材料を使うかは 様々な考え方があります、現在一般的な歯科治療における考え方は、ひとつの理想的な歯列 かみ合わせにもっていく  AさんもBさんもCさんもすべてひとつの理想的なゴールにあわせるというものですが、私たちは違うと考えています、AさんBさんCさんそれぞれの人に合わせたゴールに導こうというものです、それなのでひとつのゴールへ合わせるよりはるかに困難になります、この両者の考え方の差は 歯列やかみ合わせを原因ととらえるか?結果ととらえるか?の差にあると思います。ゆえに歯列やかみ合わせが結果ととらえる場合、何が原因でその歯列 かみ合わせになったのかを考えることがとても大切で、それこそが診断であると思います。

 私たちはその原因の多くが生活習慣とその変化の中にあると考えており、何でそのような結果を生じたのか解らないこともあり、少しでもその原因が解るように日々の診療に励みたいと思います、今回 まとまりのない文になってしまいましたが、歯科における診断、様々な考え方の差があるということを知っていただけたらと思います。



 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved