秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 みそ汁は朝の毒消し


2011/12/6 更新


 先日、信州へ旅行に出たとき面白い情報に出会えることができました。

“放射性物質を除去するみその効用・発がんを予防するみその生理作用”
私は毎朝、納豆とごはん一膳とお味噌汁が日課となっていますが、このお話を知ることができたときなんだかうれしくなりました。
さて、どのような内容かといいますと・・・

<広島大学原爆放射能医学研修所・癌部門の研究>
広島での被爆後の後遺症に悩む方の中に「みそによって後遺症が少なくてすんだ」という趣旨のお話を書いた方がいらしたり、チェルノブイリの原発事故の際、北欧では放射能障害を予防するために多くの人々がヨード剤の服用とともに、みそを食べたり飲んだりした、というお話が伝わってきたようです。
みその持つ生理作用については、ヨーロッパでも高い評価がありドイツの学者たちは、

「豆腐、みそ汁などを食べる日本人の尿から、がん防止に役立つ化学物質“ゲースティン”が、欧米人に比べ30倍も多く発見された」と報告されました。

さらにみその成分に放射性物質を排泄する作用がある、とマウス実験にて実証しました。
1つの実験を簡単に説明しますと、4つのグループに分けたマウスにそれぞれ異なるえさを1週間与えた後、放射線を照射した影響の違いを見るものです。餌は、
@ 10%の乾燥赤みそを含んだ餌
A 10%のしょうゆを混ぜた餌
B @に含まれるのと同濃度の食塩(1〜2%)を含む餌
C オリエンタル酵母KK産のMF(普通の餌)    @ABはCを基剤にした
放射線障害の1つに強い消化管出血があることがわかっていたため、小腸粘膜幹細胞の生存率を調べました。

結果としては、1週間前からみそ餌を与えていたグループよりも、さらに2週間前からみそ餌を与えていたグループが最もデータが良く、それまで普通の餌を与えていたグループに放射線を照射してからみそ餌を食べさせても放射性防御作用は認められなかったそうです。しょうゆ餌グループもみそ餌と同様の傾向が見られました。

また、体内からの放射性(ヨウ素131とセシウム134を投与)排泄実験もしました。
やはり、あらかじめみそ餌を与えていたマウスは普通餌のマウスに比べてヨウ素の排泄がより多く見られ、セシウムにおいてもみそ餌マウスのほうが、筋肉内のアイソトープ量が減少していました。

 ただまだ、みその成分がどのように働いて放射線防御作用を起こすのか、はっきり判明していないようですがいくつかの実験からみその生理作用として、大豆成分であり発酵食品である側面も大きく関係していると考えられます。というのも、同じく大豆を主成分とし麹菌で発酵させて造るしょうゆにも同様の効果が認められたからです。発酵の際に造られる酵素は、強い解毒作用を持ちますから、これらもみそやしょうゆの放射性物質除去作用の要因になっていると考えられます。
 また他にもみその成分には免疫細胞を活性化させる非常に強い力があるということが報告されています。
 上記の実験結果だけを見ても、日本の食文化はすばらしい!ということです。
 やはり日本人は、和食であります。
 毎日の、ご先祖様から受け継いできた食文化が、実はどんな健康食品よりも自分たちの体を守っているということだと私は考えます。
 ご飯を1口30回咀嚼することで唾液中のアミラーゼ(消化酵素)が体に不可欠のブドウ糖を造るように、みそ汁は小腸粘膜の障害を早く回復させたり、免疫細胞を活性化してくれるのです。
 以前にも述べましたが、欧米人には唾液中のアミラーゼが存在しない人が多い人種なので、ご飯をたくさん咀嚼してもブドウ糖にはなりません。
 そのものに含まれる栄養素が、そのまま体に吸収されるわけではないのです。
 日本人は、和食がいい。
 欧米人は、肉食、パン食でもいい。
 
 たとえば、カルシウムが豊富に含まれる牛乳は、いくら飲んでも日本人はそのカルシウムを吸収しません
 日本人は、カルシウムをお魚から採りましょう。骨ごと食べられるお魚・・・ししゃも、しらす、にぼし・・
 その理由は、ご先祖様の生活文化・DNAから引き継がれているのです。そもそも酪農は、放牧が盛んな海外から伝わってきた文化ですし。
 しかし、間違っても、牛乳がよくないというわけではなく、カルシウムを採る目的で牛乳はあまり意味がない、ということです。ちなみに私は、牛乳が大好きです(笑)。
しかし、何でもバランス。よいといわれたみそやご飯を大量に食すことは逆に体をこわすかもしれません(高血圧など)ので、バランス良く、毎日、食べていただきたいと考えます。

朝昼晩の和食は、体を上手に管理してくれます。
結果、口腔内の変化も最小限で済むのです。
プラス、歩行量を低下させない生活はアンチエイジングになると私たちは考えます。

信州旅行で偶然入った、タケヤみそ工場で1杯100円の具だくさん豚汁をいただきながら(美味でした)衛生士のお話にして伝えようと思いついた次第です・・・


DH 野口 美穂


 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved