秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 <患者さんから教わったこと>



2013/6/20 更新


「ばっかり食べしたら、2週間で3キロ!ヤセタヨ」と、半年検診で通院してきた患者Yさん。
ばっかり食べってどういうのですか?
「食べる順番ダイエット!野菜から食べるでしょ。並んだ食事をまずは、野菜だけ、全部食べるの。その次、汁物、肉とか魚とかおかず、最後に、ごはん」
野菜から食べ始めは、よく聞きますよね。血糖の吸収をおさえる、みたいな?
「でもね、家でこれやるとカミサン嫌がるんだよね」
そうですよね(笑)一皿一皿空っぽになっていくんですもんね。順番にまわし食べしてもら
いたいでしょうね。
「これが、吉野家の牛丼が難しいんだよ!」
へえ〜
「まず、付け合せの漬物でしょ。牛丼の中の玉ねぎね。味噌汁でしょ。そして、肉ね。最後にごはんなんだけど、そうするとお腹がいっぱいになってきてて、ごはん残しちゃうんだよね!」
うけます、Yさん・・・

「大変だったんだよ、胃がんでね、全摘したの・・・」と、2年ぶりに来院した患者Kさん。
  あららら、ほんとだ!だいぶスレンダーになりましたね・・・!
「18キロやせちゃったんだよ。かくかく、しかじか、それでね、あれでね」
  フムフム、それはかわいそうでしたね・・・でも、また来られてよかった。
「胃が全部ないから、1日数回に分けて食事してるんだけど、“満腹感”がなくて下から詰まってきた感じなんだよね。」
  なるほど、わかりやすい表現ですね〜
「で、消化のことを考えると自然と咀嚼が増えて、素材そのものの味がわかるんだよね。『パン』
なんか、噛めば噛むほど塩っぱくて塩辛くて嫌いになっちゃった!」
  そうですか!!!そうなのですよね、パンは塩分あるんですよね!やっぱりパンは身体に、顎に歯によろしくない食べ物ですね〜
  KさんはDr.から禁止されていないので、お酒も嗜める。
  ぜひぜひ、悪いところを治療したトラブルのないお口で、たくさん咀嚼をして、体力を取り戻してほしいと願います。

メタボ対策で歩行を取り入れた、患者Sさん。
「毎日1万〜2万歩、歩いてます。」
  確かに、スリムになりましたよね!でも、いったい1日の中でどうやって歩きの時間をつくっているのですか?・・・お仕事は、デスクワークなのに?
「通勤往復で7千歩は歩いちゃう。あと、昼休みに会社から雷門まで往復するんです。かるくいけます。だいたい5千歩くらい。」
  ひゃ〜!素晴らしいですね!・・・ここから雷門まで直線距離にして約1.5km。
「そうしたら!血圧が安定してきたんですよ。降圧剤を飲んでても150だったのが、歩き出したら120〜130の間。1年前から歩いて、半年前から本格的に歩き出して、病院行っても血圧低くなってるんですよね。薬の効果って?って感じですよ。ドクターも不思議がってます。」
  さすがですね、高血圧の原因を見つけられたのですね!
  お口の中にも効果が出てますよ。血流改善で代謝もよくなったのですね、いつもちゃんと磨いているのにたくさん付いてしまっていた歯石が、少なくなっています。体温が上がることで歯周病菌も増えることができなくて、死滅していってる証拠です。歯茎の色もきれいなピンク色ですし!
  ただ、何かがあって“歩けなくなったとき”その時の歩行量低下が心配ですので毎日続けられる方法と量の維持を心がけてください。


こうやって、3人の患者さんは、実体験をもって自分に合った健康法(?)に出会いました。

私も過去に、隔週金曜日にくる偏頭痛克服のために1年間甘味厳禁、禁酒その他もろもろ
実践した結果、あの時のような頭痛はコントロールできるようになりました。
昼前くらいから頭痛が始まり、鎮痛剤を飲むために食べたお弁当は吐き気とともに排出され(笑)
調子よくないけれど、患者さんを診るために笑顔でお迎えする・・・
もうあの痛みは繰り返したくない!という身体は、自分の閾値(ある反応を起こさせる、最低の刺激量)を覚え、これ以上これをすると体調悪くなるな、と事前にわかるようになりました。

ほとんどの場合生活の結果が病気をつくるので、虫歯や歯周病、口内炎なども同様の原因が考えられます。
 まずは症状を和らげ、再発させないために(予防)原因を見つけていきます。
そのために患者さんと色々お話しますが、雑談の中に見え隠れするその患者さん個人の病気になってしまった原因をキャッチできたとき、教わることも多々あります。
万人に共通する健康法はないと考えます。
歩行もその一つ。

最後に、例えば歩行に関して言えることは、歩くと健康になる、のではなくて、健康な人を見るとみんな歩いている、です。
自分を基準に、過去の最高値歩行量を下回った時の生活が病気を作ってしまいます。
 小学校が遠方でたくさん歩いていたのならば、今も同じくらい歩いていないと筋力は低下していく一方です。
また、歩きすぎて壊れる人もいます。
自分が体調良かった時の生活リズムを基準に、自分に合った健康法を見つけていただきたいと思います。

身体のことを考えて何かを制限したとき、私は頭痛がなくなるほかに痩せたり、集中力がでてきたり、と、予想していなかったご褒美がありました。
これからも、患者さんとおもしろおかしくお話をしていろいろな発見をしていきたいと思います。

*今回使わせていただいた内容の患者さんからは、HPに載せてよいです〜と承諾を得てあります。

DH.野口


 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved