秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 <最近患者さんと話すことが多かった項目>



2013/10/1 更新


最近患者さんと話すことが多かった項目です。
当医院に通院中の患者さんは少し感じているかもしれませんが、私は歯科衛生士ですが、ブラッシング指導をすることが多くはありません。
その理由としては、歯垢(プラーク)が、虫歯や歯周病の1番の原因ではないと考えているからです。

しかし、毎日日常的に行っている、゛歯磨き゛。やはり、歯磨きの仕方や、ブラシのことについて、ちゃんとお話ししなきゃなぁと思った今日この頃でした。

*大人の患者さんですが、ヘッドの部分が小さいので自分に合ってると思って、子供用の歯ブラシを使ってます。
→子供用は確かにヘッドの部分が小さいので小回りが効き、奥の方まで磨けると思うかもしれませんが、毛の長さも短いので子供の歯(乳歯)には適していますが、大人の歯(永久歯)には小さすぎますし、柄も短いので奥まで磨くのには適しません。
ヘッドの部分が小さい大人用の歯ブラシをおすすめします。

*歯磨き粉は何が良いの?
→特におすすめしている歯磨き粉は実はありません。
虫歯になりやすい方にはフッ素の入ったとのを、着色やヤニが付きやすい方には、付きにくくする効果のあるものや、少しケンマ剤が入っている物をおすすめします。
使い方としては、歯ブラシの毛の半分くらい、小豆大くらいが目安です。多量は口の中が泡だらけになり、磨けていないのに磨けた気になってしまうので、たくさん使えばいいというわけではありません。

そして、私がみなさんに質問する回数が多いのは
『歯ブラシは、どのくらいで交換しますか?』です。
聞くと毛が開いたら換える、3、4ヵ月、長いと半年以上使っている方たくさんいらっしゃいます。
→歯ブラシは、1ヵ月から2ヵ月で、毛が開いていなくても交換します。毛が開くのは磨くときの力が強すぎたり、動かし方が大きいのが原因です。適度な力で磨いていれば毛は半年使っていても開いてきません。でも毛のコシがなくなってしまうので、汚れの付いているところにしっかりあたらなくなってしまうのです。

せっかく、毎日行っている歯磨きなのですから、時々評価をしてもらいに私達歯科衛生士に見せてください。

DH.小倉


 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved