秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 できることなら残したい、歯の神経!!

2016/3/31 更新 NEW!!



歯の神経を取らなければいけない時とは、虫歯が大きくなってしまって、神経にまで達してしまっている場合です。

歯の神経のある歯と、無い歯の違いをあげてみます。

・神経のある歯は、温度を感じますが、神経の無い歯は感じません。
冷たい物を食べたり飲んだりすると、しみることがあります。虫歯の場合は、しみて痛いという症状が出たりすることもありますが、神経の無い歯はしみる症状は出ませんので、ご自身で虫歯に気づくのは難しくなります。知らないうちに、虫歯が進行し気づいた時には、歯がほとんどなくなってしまっている場合も多いです。

・栄養が来なくなるので脆くなり、だんだんと薄黒く変色してきます。
神経を取った歯は、鉛筆の芯を抜いた状態なので、弱いです。
神経のある歯が折れたり、割れたりすることは、外傷以外ではほとんどありませんが、神経の無い歯はすぐに折れたり、割れたりしてしまいます。
歯は折れたり割れたりしてしまうと、骨折とは違いくっつくことがないので、割れ方によっては歯を抜かなければならなくなってしまうことも多いです。

そして、噛む力や、硬いものに対しての感覚が鈍くなります。鈍くなってしまっても、気にせず食べられます。その結果、歯の周りの組織を壊してしまったり、歯を折ってしまったり、割ってしまったりするのです。

虫歯が大きい状態で神経を残すと、しみる症状が残ってしまったり、すぐに痛みがでてしまい、結局歯の神経を取るはめになってしまうことも多々あります。
しかし、神経を取ってしまうことのデメリットを知っているので、2度手間になってしまうかもしれない可能性があっても、どーしても残したいと思う私達なのです。
DH.小倉


 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved