秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 病気は自分でやめることができる

2016/7/12 更新



「自分の人生を生きていないときに人は病気になる」という記事を読みました。
出来ることなら病気にはなりたくありませんが、歯科も同様に患者さんは来院します。
 私たちも、病気になるにはかならずどこかに原因が隠れている、と考えて医療をしていますので、治療に入る前に必ず問診をします。
型通りでの問診では確定できないことや患者さん本人も気づいていない日常もありますので、時間の許す限り雑談へ流れることもしばしばあります。

時々「体の病気やケガ、引っ越しや運動?そんなことが歯と関係あるのですか?」と定期検診にいらっしゃる患者さんから疑問がでますが。
 結果として現れた病気の『虫歯(歯に穴が開く状態)』は、こちら側から診ると治療しやすいですし、
歯を崩していく原因は、“甘いもの”“固い食べ物摂取の習慣化”“食事以外の時の歯をあてている環境”“不規則な生活”などで、更にそれを行ってしまう原因は意識することで予防できます。

『歯周病』『歯がしみる』『歯茎がしみる』『歯が浮く』『顎の骨が痛い』『口の中が乾く』『口が開かない』『口内炎』『舌が痛い』
などは、単純な原因ではなかったりします。
 症状を和らげることはできますが、再発したり完全にスッキリしないこともあります。
 理由は、それらの症状の原因は『口の中にない』からです。

 私の読んだ記事の言い方を借りると、人は言葉で表現できないとき、体で表現を始める。一般的に、病気、特に慢性的な疾患についてはその原因を生活習慣などに求めますが、筆者は、その人の潜在意識を探ります。
 ガンやアルツハイマー病に至るまで、病気を発生させている隠れた原因というものが、誰にでも潜んでいて、それを自身に意識させる。自分の人生を生きるために、今やっていることに新しい意味づけをすることは可能です。今していることをすぐにやめて、やりたいことだけをやるという必要はありません。
 病気も、成し遂げたいことがあるから病気を治したいのか、ただ病気を治したいから治療をするのかで、回復の程度もスピードも異なります。

◎病気は自分でやめることができる◎


その言葉に、納得と、病について改めて気づかされることがありました。
歯科衛生士  野口


 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved